事前の計画が将来的な看板効果に繋がる

看板制作は見やすさが大切

お店や会社の顔とも言われている「看板」は集客にもつながる大切な存在です。お店や会社のコンセプトに合ったデザインを提案しましょう。また看板はただあるだけでは制作した意味がありません。歩行する人、車を運転する人や電車に乗車している人など、すべての人の目に止まる魅力的なデザインに仕上げましょう。
文字はオシャレ度よりも見やすさを重視しましょう。「なんと書いてある看板かよく分からなかったけど、すごく美味しいお店だった」ということでは、看板を制作した意味がありません。お店や会社の名前を知ってもらうことを目標にしましょう。
構成が良くないと見づらくなってしまいます。文字と余白のバランスを考えましょう。余白をムダなスペースと考える人もいますがそれは間違いです。余白をうまく使うことで見やすい看板が完成します。看板にめいいっぱい文字を詰め込んだデザインよりも数段魅力的です。
カラーのイメージも大切です。カラーは人を印象づけるのに重要な役割を果たしているので、慎重に選ばなければなりません。お店や会社のイメージカラーがあればそれを使うのがベタです。配色が良くないとイメージを悪くさせてしまうおそれもあるので注意しましょう。

イメージアップする看板制作

オシャレな看板は会社のイメージアップにつながります。素敵なデザインを作って多くの人に会社名を知ってもらいましょう。看板のタイプにはさまざまなものがあります。ビルの横につき出すようについているものは、歩行者にアピールできるのが魅力です。大きなポップタイプは大通り沿いで目立ち大活躍します。また遠くまで光でアピールできるネオンタイプは夜遅くまで営業するお店におすすめです。看板はただ大きくするだけでは、良い印象を与えられません。そのエリアの雰囲気に合わせることも大切です。その土地のイメージを壊さずに目立たせるデザインを考えましょう。
制作前に予算を決めておくことも大切です。決めておかないと、あれもこれもとオプションをつけすぎてしまって想像していた以上に制作費用がかかってしまうこともあります。そのようなことがないように相場をチェックしておきましょう。相場はひとつひとつ業者の費用を調べていれば分かります。見積もりも看板制作で重要なポイントです。イメージをきちんと伝えられないと、まったくかけ離れたデザインに仕上がってしまうおそれもあります。失敗した、とならないように時間をかけてじっくりと話し合いましょう。